気付いたらランクダウン

大切な塾選びで悩んでいるなら個別指導の評判をチェックしてみましょう!お子さんにあった学習法で学べる塾を見つけることができますよ。
小学生向けの家庭教師をお探しの方ここがオススメです|家庭教師 小学生ガイド決定版
実績のある面倒見の良い先生が在籍する|EISUゼミナール
杉並の塾で難関大学進学の極意を学んでみましょう!|KGS・こうしがくしゃ

あれは今から二年前のことでした。当時中学2年生だった僕はお世辞にも頭がいいとは言えず、学校の成績も良くて中の下くらいのもの。所属していた野球部でもそれほど活躍していたわけでもなく、高校はどうしようかという悩みを抱えていました。
野球部の同級生たちは僕と同じくあまり頭がよくなかったのですが、みんな高校についての心配とかは特にないらしく、2年になった直後は僕もそれほど考えてはいませんでした。まあ自分の学力で行けるとこに行ければいいや、とかなり適当なことを考えていたんです。

そんな僕に転機が訪れたのは夏休み直後の学力テストでした。これは普段の定期テストとは違い、この2年間で学んだこと全てが試されるものです。当然ながらそれに対する勉強なんかしていませしん。元々定期テストでもそれほど勉強するほうではなかったのですから当たり前ですよね。友達もみんな似たようなものだろうと思っていたので、テストといえども気は楽でした。
その翌週にテストが返ってきました。案の定結果はいいとは言えず、60点を超えている教科は上出来だろう、くらいのものでした。当然ながら他のみんなもそうだろうと思って周りを見回してみると、なんとなく違和感を覚えたんです。その違和感の正体にはすぐに気が付きました。いつもより落ち込んでいる、というか諦めているような表情の人が少なかったんです。
特に驚いたのは同じ野球部のメンバーでした。僕を含めてクラスには5人の野球部がいるんですけど、その中でも僕はまだ成績がいい方でした。そのみんなの顔を見ても、何やら興奮しているような、いつもとは明らかに違った雰囲気を醸し出しているのです。ちょっと気になった僕が、他の友だちのところに向かうフリをして彼らのテストの点数を覗き見ることにしました。
・・・やってから後悔しました。驚くべきことに、彼らの点数は全教科で僕の点数を上回っていたのです。その程度に差はあれど、僕には衝撃的な出来事でした。

衝撃的な事実が発覚してからしばらくすると、先生が総合順位などが示された紙を配りました。それを見た僕はさらに絶望的な現実を突きつけられたのです。なんと僕の成績は、中の下から明らかに下の領域まで下がっていたのです。いや、僕自体が下がったわけではなく、他が上がったので相対的に下がったというものでしたけど、それにしても大きなショックです。
僕の知らない間にみんなは勉強していたようです。でも、部活にはちゃんと出てきていました。これは一体どういうことなのでしょうか。
わざわざ聞くのも嫌だったんですけど、このままでは僕は置いて行かれることになります。恥をしのんで、という程プライドが高いわけでもありませんが、思い切って仲間に聞いてみることにしました。
すると、仲間たちは口々に言います。塾や家庭教師を利用したんだと。

塾や家庭教師という言葉は僕にとってあまりにも遠い存在であり、それは仲間たちにとっても同じだと思っていたんですけど、どうやらそうではなかったようです。最近では個別指導塾といったものが人気を集めていたりして、塾や家庭教師といったものはどんどん浸透してきています。
話を聞いてみれば、塾では夏期講習というものがあり、その夏休み専用のプログラムに参加していたようです。中にはそのまま入塾したヤツもいました。集団授業や少人数制授業、個別指導など色々と選択肢はあって、自分にあったものを選べるということでした。
それでみんな成績がよくなったんだ、と思うと、詳しく聞かずにはいられないものです。僕はさらに詳しく情報を集めてみることにしました。

川越の家庭教師のバイト求人情報 | 家庭教師登録センター

カレンダー
2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031